中学生の成績アップをより効果的にする学習方法

中学生が成績アップするための注意すべき4つの学習ポイント

中学生が成績アップするための注意すべき4つの学習ポイント

 

 

中学生が成績アップするために注意すべきなのは
勉強時間や学習の量だけを意識しても成績は上がりにくいです。

 

なぜなら、無計画でがむしゃらに学習をしても
結果としてあらわれないからです。

 

 

 

なので、テストの点数が上がりやすくなる
4つのポイントを紹介していきます。

 

計画を立て目標を決める

 

短い時間で集中的に学習をする

 

時間を決めて休憩を取り入れる

 

苦手分野や解けない問題を集中的に学習

 

以上のポイントを守ることで
成績はアップしやすくなりますが
無計画でテスト勉強をするのは無謀です。

 

 

 

たとえば、知らない土地に旅行に出かけるのに
地図も持たずに出かけると道に迷いますし
目的地までたどり着けないでしょう。

 

さらに、時間だけが過ぎてしまいます。

 

 

 

 

旅行をするにしても、どういう道から行き
どこで宿泊をするのかなど計画を立てないといけません。

 

だからこそ、テスト勉強をさせるにしても
計画や目標を立てて正しい方法で学習をするべきなのです。

 

 

中学生が成績アップするための注意すべき4つの学習ポイント

 

 

そうしないと、成績アップも夢に終わるのは間違いないでしょう。

 

成績アップの正しい方法は、短時間で集中的に
テストに出そうな重要な部分を学習することです。

 

 

中学生が成績アップするための注意すべき4つの学習ポイント

 

 

たしかに、短い時間で記憶に定着させるのは
難しいという意見もあるでしょう。

 

しかも、重要な部分がいったいどこなのかも
理解できない場合もあります。

 

 

 

さらに、短い時間だと学べる強化も限られるので
覚えることが少なくなるのではないかと
あなたは、そのように思うかもしれません。

 

でも、20分〜30分の間に記憶に定着したい教科に
一点集中して学習をすれば意外に忘れにくくなります。

 

 

中学生が成績アップするための注意すべき4つの学習ポイント

 

 

なぜなら、このような短時間で学習をすることは
集中力が高まりやすく記憶に定着しやすいからです。

 

また、一つだけの強化を学ぶだけなので
一つに集中できて記憶しやすいのもメリットだと感じます。

 

 

テストに出そうな問題を予想する秘策とは?

 

中学生が成績アップするための注意すべき4つの学習ポイント

 

 

テストに出そうな問題を予想するには
学校の先生が時間をかけて説明をしたことが問題として
出題されやすいことが多いです。

 

さらに、黒板に書いていることを
そのまま出題するという場合もあるようですね。

 

 

 

 

黒板に書いたことを出題する場合は
説明をしているときに色違いか
波線で重要だということを解説しているはずです。

 

教師によっては重要度の高い問題に
四角で囲んだりする場合もあります。

 

 

中学生が成績アップするための注意すべき4つの学習ポイント

 

 

また、過去に出題したことを
テスト問題として出すケースもあります。

 

なので、テスト対策は過去のテストで
間違った部分を復習することでも
良い点数が取れる可能性が高くなります。

 

 

 

 

 

ワオスタディーは学力に合わせた教材が提供され
お子様の能力に沿った学習が可能となります。

 

なので、成績が上がらないお子様であっても
ワオスタディーは向いている学習教材だといえます。

 

 

 

お試しで3教科が「2017年7月5日」まで480円で学べるので
成績をあげさせやる気をアップさせたいと願うなら
ワオスタディーの教材を試してみると良いでしょう。

 

↓↓       ↓↓

 

学習継続率86%のワオスタディー